歯科で歯の黄ばみを解消して白く輝かせる|デンタルケアを行い隊

歯医者

施術の方法

歯医者

ホワイトニング技術が1989年にアメリカで実用化され、20年以上経っています。アメリカ方世界に一気に広がり、今や世界中で当たり前のように行われていますが、この20年近くの間これといって大きな事故はありません。実用化されアメリカで行われたのは約20年前ではありますが、実はホワイトニングの研究自体は150年以上前といわれています。
研究当初はミョウバンや酸といった材料を使用し、歯の色素を溶かす方法を用いられてましたが、このやり方だと歯を痛めることがわかったため、これらに代わる薬剤を探すことになりました。そこで最終的に行き着いたのが過酸化水素です。
現在ではアメリカや日本の大学、また多くの研究機関で過酸化水素を用いたホワイトニングの安全性が確認されています。

実はホワイトニングは永続的なものではなく、時間が経つにつれ歯は再度黄ばんだり汚れてしまうことがあります。その持続時間は種類や着色のレベルによって違います。
施術直後に効果が表れるという特徴を持っていますが、案外持続時間が短いものとなっています。施術後から2~3ヶ月後といっていいでしょう。理由としては、歯の表面にある皮膚「ペリクル」と呼ばれるものを除去してしまうため、その部分にまた着色が発生しやすいことが原因とされています。

上で説明したように安全性は問題ないのですが、やはりクリニック選びは大事です。ほとんどのクリニックが安心した施術や料金設定をして営業していますが、できれば国家資格を所持している医師や衛生士が多く在籍しているクリニックがいいでしょう。アフターケアをしっかり行ってくれるかどうかも大事な点なので、確認しておくべきだといえます。