ホワイトニングの種類

【ホワイトニング】
ホワイトニングとは、歯医者などで歯磨きや歯のクリーニングなどでは落とすのが難しい部分の着色をきれいにし、歯を白く磨き上げる方法のことをいいます。
この手法は、1989年にアメリカで実用化されたもので、実際現在のアメリカのほとんどの歯医者はこのホワイトニングを取り入れ営業しています。
以前までは、歯を白くする手法として「歯の表面を削る」「人工の歯をかぶせる」「歯の表面に薄い板状の膜を貼る」といったものがありました。しかし現在は、安全性が高くほとんどの歯医者が取り入れています。

・オフィスホワイトニング
ホワイトニングは、大きく2つに分けることができます。
これは文字通り、一般的な歯医者などで行うことをいいます。歯に専用の薬剤を塗り、レーザーや特殊な光を歯に当てて歯を白くする方法が最も多く用いられています。

・ホームホワイトニング
こちらは自宅で行う方法です。自分の歯型に合わせて専用のジェルを入れたマウスピースを装着し、時間をかけて歯を白くしていく方法です。
この方法は効果が表れるまで時間がかかり、だいたい2週間以上は待たないといけません。しかしその分歯科医院などで行うやり方より効果はあり、歯の白さや持続機関も長いといった特徴があります。

オススメリンク

ホワイトニング歯科の口コミを調べるなら@ホワイトニング最新口コミ事情